読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

To the boundless heart , Than a limited thing

〜 限りあるものより、限りない心へ 〜

空飛ぶ広報室

凹んでいるときは、あらゆるものから学べるものだなぁと思います。

本来ジャンルはラブコメだそうですが、

この本から、この登場人物の言葉から学べるところは多くありました。

 

 

「 あたまでっかちのままだと、一生無能のままだぞ。」

 

「 力押しは衝撃に怯む人間が壁を突破する手段であって、

  多分最終到達点ではなかった。」

 

「 相手の時間を無駄にさせるのは相手を粗末にしてるってことだよ。

  ・・・

  粗末にしたと認められなきゃ何度でもいろんな人を粗末にするよ。」

 

「 知ってるやつがもう1人いるし大丈夫だろうなんて

 でたらめな話があるはずがない。」

 

「 レアなほうに飛びついて

  元から約束してたほうを蔑ろにするような真似をしてたら、

  そのうち誰も空幕広報室なんか相手にしてくれなくなるぞ。」

 

 

 

自分の失敗を謝るとき

 

「 いいか、お前が楽になるために謝りにいくんじゃないぞ。」

 

 

今までを後ろ向きに振り返りそうなとき

 

「 自分はパイロットじゃないって思っているより、

 これから広報官になれるんだって思った方がいいかなって。

 だって、パイロットの頃ばっかり振り返ってたら、

 僕の人生って三十手前にしてもう余生じゃないですか。」

 

 

  

どうしようもなくイラッとしたとき 

 

「 そんなことを言われるのは、俺たちのせいだ」

 

「 腹は立てていい。ただし、キレるな。」

 

「 正しい主張だからこそ、怒っちゃ駄目だ。」

 

 

「 何でこんなこと言われなきゃいけないんだって思うのは当然だ。

  だが、広報官としての空井大祐は

  同じことを聞いて思うことが違わにゃならん。」

 

  

逆風を受けて進むとき

 

「 運が悪かったと言っても、誰も納得してくれません

  もう、人のせいにしません。」

 

「 却下されるとしたら、一発却下だからな。

  付け入る隙があればどこからでもこじ開けてやるよ。」

 

 「飛行機って、バックできないんです。」

 

 

 

 

「 意思ある所に、道は拓ける。攻めるぞ。」

 

 

攻めるぞ!!

 

空飛ぶ広報室

 

 

 

→ But you will , 君たちは、ちがう

→ 安得類古人 千載列青史