読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

To the boundless heart , Than a limited thing

〜 限りあるものより、限りない心へ 〜

早雲の軍配者

 

「 優しさは、己の心の弱さの現れではないし、生まれ持った性格でもない。」

 

迷ったときにどうすればいいか

 

力のある人は

誰かの力になれる人は

どんな人物か

 

気づくところが多い本でした

 

 

 

早雲庵宗瑞(そううんあんそうずい)は意思の力で優しさを手に入れた

 

若い頃から塗炭の苦しみを味わい

厳しい禅の修行を経て

辿り着いた境地

 

後の北条早雲

 

『 戦は生き物。

  生き物は時に思いもよらぬ動きをする。

  書物では学べぬこともある。自分がすることが全て裏目裏目に出ることもある。

  そのような時は坐って心を空にするのだ。』

 

『 誰に頼ることもできず、誰も助けてくれぬ時は坐るのだ。

  そうすれば自分自身の声がお前を救ってくれる。』

 

『 自分の声が聞こえなかったら、観念して死ぬしかなかろう。』

 

 

自分自身の声

 

いつも自分を見つめていて

 

自分のできることとできないことを熟知して

 

自分向き合ったときに聞こえるものでしょうか

 

 

日課に加えよう

 

ただ坐ること