読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

To the boundless heart , Than a limited thing

〜 限りあるものより、限りない心へ 〜

「世界」が広がる楽しさ

世界は大きい。 

世界は広い。 

 

言われなくても知ってる。

 


でも世界は、 自分の大切な人が、どこかへ行っても、

たとえ亡くなってしまっても、 本当にびくともしない。 

 


世界は、強い。 

 


でも、この世界は何だろうと考えてみると 
自分の知っていることだったり認識していること、 
これが一番身近な世界なんだろうと 思う。 


自分の隣には多くの人がいて、

その人の周りにも自分と同じか、それ以上の世界が広がっていて、 

たまに自分の世界と他の世界とがぶつかって、交わったりする。

そのとき、世界は広がると思うんだよ。

 

極端な話、
これから何秒後かにすれ違う人が、今そこにいるって思うのは、その人を見てる自分だけかもしれない。 

すれ違う人が誰にも見えていなかったら、その人は存在していないことになる。 

 

 

大切なことは。


一番身近な世界、自分にとっての自分の世界は、 
神様ではなく、 自分によって生み出される。 

だから今この瞬間、自分にとって見えない世界は存在しないとも言える。 

 


例えば音楽。

昔からいろいろな理由で、いろいろな場面で、 たくさんの音楽が奏でられてきたけど、 
あなたがその存在を知覚したときに初めて、この、あなたの世界に誕生したとも言える。 

 


世界を生み出す主体は自分。 

 


だから、自分の世界を広げるためにも、勉強しないといけない。 

 


世界を存在させるためにも、うっかり死んだりしてはいけない。 

あんまり頻繁に、天変地異を起こすようなことをしてはいけない。 

 

世界は。

自分がいることによって成り立つ。 

世界を成り立たせるために自分が存在している。 

だから、自分と、それにつながる他人様を大事にしないといけない。 

今の世界を生きる人は、 かくも大変で、 

今の世界を生きるあなたは、 こんなにも強く、 

また、今の世界を勉強しながら生きるってことは楽しいものなんだよ。